葬儀・葬式についての基礎知識

葬儀と告別式のチェックリスト

2018年06月12日 16時00分

  • 弔辞と席の順番を決める
既に届いている弔辞を確認し、社会的地位、故人との関係を考慮して、読み上げる順番や数を決めます。葬儀社と相談しながら決めるといいでしょう。名前や肩書きの読み方は絶対に間違えないよう、分からなければすべて確認してください。
 
  • 「精進落とし」に参加する人のリストを確認
告別式後に火葬場へ向かう人数、その後の「精進落とし」に参加する人数をチェックします。
 
  • 喪主あいさつ
喪主あいさつは出棺前に行います。喪主の口から参列へのお礼を表し、式を閉める言葉となります。なるべく簡潔な言葉を選びましょう。あいさつと言っても、あまりナーバスになる必要はありません。感謝の気持ちをシンプルに伝えましょう。
 
  • 葬儀費用について
地域により葬儀のやり方に違いがありますが、葬儀にかかる費用の全国平均は約200万円だと言われています。葬儀についてよく知っているという人は、そうはたくさんいないでしょう。葬儀を依頼する側に知識が無いことで、悪徳業者による不適正な金額請求なども度々報告されています。
 
現在、人々のライフスタイルの変化に合わせて、葬儀の形も変わってきています。インターネット上でも葬儀社の情報を多く集めることが可能な世の中です。信頼できる業者を探す手段として、インターネットは強力なツールとなっています。
 
一般的に葬儀にかかる費用は、
 
  • 葬儀自体にかかる費用
  • 精進落としなどの飲食費用
  • 寺院や僧侶
 
に分けられます。
 
葬儀費用の全国平均は約200万円ですが、やはり葬儀自体にかかる費用の割合がもっとも多く、約120万円となっています。この中には「お通夜」「火葬」といった一連のイベントに必要な人件費や物品がすべて含まれています。葬儀自体にかかる費用は割合として大きいのですが、葬儀のスタイルを考えることで、大きく削減することが可能です。
 
次に割合が高いのが寺院や僧侶に支払うお金です。この中には「戒名」「読経」などの費用がふくまれ、約50万円です。
 
お通夜の後に参列者に振る舞う「通夜振る舞い」や、火葬が終わった後の「精進落とし」という飲食にかかる費用は約30万円です。飲食費用は参加人数によって大きく増減しますが、ひとりあたり約4000円で計算することで、大体の金額を把握することができます。
 
  • 時代に合わせて簡素化していく葬儀
これまで葬儀の基礎知識についてご紹介してきました。死は突然やってくることもありますが、その事態に備えておくことは重要です。今回ご紹介した葬儀の流れでは、事前に葬儀社と葬儀の段取りをつけているのでは無く、死後に依頼するケースでご紹介しました。しかし、事前に段取りを済ませていれば、葬儀社との信頼関係が既にある中で、一連の流れを進めることができるので、ひじょうに心強いことでしょう。
 
葬儀費用についても少しだけ触れました。葬儀の形は年々変化し、一連のイベントは簡略化の方向にあります。また、ライフスタイルや考え方の変化は、よりオリジナリティーのある葬儀の形も可能にしています。その辺りの話題もまた機会がありましたらお話ししたいところです。