葬儀・葬式についての基礎知識

お通夜確認リスト

2018年06月12日 15時59分

供花の配列

葬儀社が供花のリストを作ってくれますので、社会的地位、故人との関係により、並びを決定します。
 
  • 席順、焼香順
席の順番がそのまま焼香の順番になるため、関係を配慮して席順を決めましょう。通常は祭壇向かって右に家族、親族。左側に親しい友人やビジネス関係者などが座ることが多いようです。
 
  • 葬儀社が段取ってくれるので心配なく
葬儀社は、葬儀社と言うだけあって葬儀のプロフェッショナルです。基本的には指示に従っていれば大丈夫です。僧侶へのお布施の受け渡しについても同様です。喪主、そして家族は、葬儀社が準備してくれる、たとえば返礼品の数に間違えが無いかなどをチェックする役割が多くなるでしょう。
 
  • あいさつは簡潔に
お通夜での喪主の役割に、参列者へのあいさつがあります。「故人が亡くなったこと」「生前の感謝」「参列への感謝」を簡潔に表しましょう。
 
  • 葬儀と告別式
受付→開式→読経→僧侶によるご焼香→弔辞、弔電の読み上げ→参列者によるご焼香→閉式
 
上記が一般的な葬儀の流れです。葬儀と告別式と書きましたが、その通り、本来は別々の儀式でした。葬儀は家族や親族のための時間でした。一方、告別式は友人、知人、ビジネスの関係者やご近所さんのための時間でした。しかし現在ではこの両方が、一連の流れとして行われるようになりました。
 
最近は友人、知人などの一般参列者は、お通夜か告別式のどちらか一方へ参列することが慣例となっています。仕事の関係もあり、一般参列者はお通夜に集まる傾向があるようです。
 
  • 出棺とお別れ
生花を棺の中に供え、合掌します。喪主から順番に行い、故人が好んだ食べ物や衣類なども供えることができます。その後、火葬場へと向かいます。
 
  • 火葬
火葬→精進落とし
火葬場に到着したら、火葬許可書を火葬場に提出します。焼香と読経が行われ、ご遺体が炉の中で焼かれます。家族は火葬中、控え室で待機します。火葬が終わったら、遺骨箱に拾骨します。
 
「精進落とし」は、本来は神事などの行事終了後、肉や酒などを再び取り始めることを言います。現在は、火葬後に僧侶や葬儀に関わってくれた人々への感謝の気持ちとして、食事や酒を提供することを「精進落とし」と称することが多くなりました。地域差も多くありますが、喪主はひとりひとりの席をまわり、出席者に感謝の意を表します。